2012年10月13日

大谷焼たち

事務所を開設してほどなく大谷焼森陶器当代の行雄さんと出会って。
トルコブルーの手水鉢にも出会う(笑。以来、住宅でも店でも事務所
でも保育園でも、洗面やトイレの手洗いには必ず大谷焼を提案します。
もう何枚使ったことやら。

トルコブルー系だけでなく、焼締め、白、大谷焼といえばのこげ茶色、
最近では濃紺、深緑なども加わってます。同系統の色でも、発色は一
枚一枚ぜんぜん違います。

釉薬の流れ方、貫入(焼成後冷えるときに入る釉薬表面の細かいヒビ)
の入り方、自然に入る文様・・・似ているものはあっても同じものは
ありません。

保育園の雨水受けに大鉢を使ったり、最近では住宅の玄関に水琴窟を
導入したり、ますます森さんとのお付き合いは広がってます(笑

では実例を時系列でご紹介~!


寿司和食 永代1.jpg
「すし和食 永代」1階のトイレ 尺二(直径360)かな 大きめです

寿司和食 永代2.jpg
2階の

noah's house.jpg
「noah's house」

やさしいいえ-1.jpg
「やさしいいえ」

やさしいいえ-2.jpg
同じく「やさしいいえ」この家はもうひとつキレイなのが手洗いにあるんですが竣工写真になく・・・残念・・・ん?・・・思い出した!!

070724B5D7CAC6C5A1.jpg
一年点検で撮ったんだった(笑

コトコト.jpg
「居酒屋コトコト」

イルカハウス.jpg
「イルカハウス」タイル張りのカウンターは奥さんの手作り!

古色のいえ.jpg
「古色のいえ」

pithouse1.jpg
「pit house」

pithouse.jpg
同じく「pit house」

oasis.jpg
北島フジグラン前「oasis」1階のイタリアン イプシロンのトイレです

monster's house2.jpg
「monster's house」

monster's house3.jpg
「monster's house」右下の開口はネコ用です(笑

万年山文庫.jpg
「万年山文庫」壁と一体化した鏡の縁は内野作。現場で石粘土こねてつくりました。『鶴は千年、亀は万年(山)』いうことで・・・

カドマドのいえ.jpg
「カドマドのいえ」二階建てですが踊り場にトイレを設けて
1階2階で共用に!半階ずつの移動は苦になりません。

あうん亭.jpg
「珈琲茶屋 あうん亭」

ANTU.jpg
美容室「ANTU」

嵯峨のいえ.jpg
「嵯峨のいえ」

観月亭.jpg
「観月亭」鏡枠もつくりました

ふたりのいえ.jpg
「ふたりのいえ」

ふたりのいえ2.jpg
「ふたりのいえ」洗面所にも

魚清1.jpg
「魚清」男トイレ

魚清2.jpg
「魚清」女トイレ

pearl house.jpg
「pearl house」

日本なSRの似合う家1.jpg
「日本なSRの似合う家」内玄関の手洗い

日本なSRの似合う家2.jpg
「日本なSRの似合う家」踊り場トイレは高天井

逸駒1.jpg
「逸駒」珍しい薄型

逸駒2.jpg
「逸駒」さらに珍しい花びら型

<川風のいえ.jpg
「川風のいえ」

太平の風井戸.jpg
「太平の風井戸」洗面

deck house.jpg
「deck house」居間の片隅に

めぐるいえ1.jpg
「めぐるいえ」お風呂を広めのトイレにリフォーム

めぐるいえ2.jpg
「めぐるいえ」2階洗面台

bus oasis.jpg
海部観光バスオアシス」シャワー室の洗面脱衣室

IMG_8134-2.jpg
「とおり居間のいえ」洗面

IMG_9479.jpg
「竹清文化村」手水
森陶器といえばの水琴窟と、いつもの手水鉢を組み合わせた
お客様様の『手水』です。初めての試み。いい音~(笑

IMG_9248.jpg
「竹清文化村」トイレ1

IMG_9348-2.jpg
「竹清文化村」トイレ2
壁紙はウイリアムモリスです。


また増えたらアップします!



posted by uchnet at 15:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。